[冬虫夏草の成分]

コルジセピン
核酸系の抗生物質。DNA,RNAの合成を阻害し、悪性腫瘍の成長を抑制する効果がある。さらに、悪性腫瘍の積極的細胞死を誘発する効果があるとされます。

SOD(活性酸素除去酵素)
脳卒中、心筋梗塞、ガン、白血病、糖尿病、動脈硬化などの発病を促す活性酸素を還元する酵素。

ベータグルカン
マクロファージやナチュラルキラー細胞などの免疫細胞を活性化します。

エルゴステロール
細胞の代謝を阻害してレモンの10倍の抗酸化作用を発揮します。

マンニトール
冠動脈を拡張させて血流を改善したり血圧を下げる働きがあります。血糖値を上げずに腸内細菌の状態を良化して、便秘など腸内に起因する不調を改善したり、天然の利尿剤として余分な尿酸を体外に排出する働きもあります。狭心症や心筋梗塞の予防効果。

日本冬虫夏草の会による効能の報告より
「花粉症」「冷え性」「夜尿症」「慢性腰痛」「咳・喘息」「慢性肝炎」「腎不全」「肺気腫」「ガン」